2014年11月23日日曜日

ごたごたの語源は?




ごたごたは、揉め事やいざこざのこと。



ごたごたは鎌倉時代に来日した宋の禅僧兀庵普寧(ごったんふねい)の名に由来する。



兀庵は建長寺第二世となった中国の高僧である。



兀庵は既成概念にとらわれない性格でその話は理屈っぽい上に複雑であったため、兀庵のような話を兀庵兀庵する(ごったんごったんする)といい、転訛してごちゃごちゃしたことなどをごたごたと言うようになった。

0 件のコメント:

コメントを投稿